歯周病

歯周治療における歯石除去と歯面清掃(PMTC)

2020年7月26日

コクランライブラリーの歯面清掃(PMTC)に関するシステマティック・レビューを紹介します。
『歯周治療における定期的な歯石除去と歯面清掃(PMTC)』という論文です。
この論文では定期的な歯石の除去や歯面清掃(PMTC)は歯周治療の効果はないと結論付けています。

Routine scale and polish for periodontal health in adults.
Cochrane Database Syst Rev. 2018 Dec 27;12:CD004625.
Lamont T1, Worthington HV, Clarkson JE, Beirne PV.

背景(BACKGROUND)

多くの歯科医や衛生士は、歯周病を発症するリスクが低い患者であっても、定期的に患者にスケーリングと歯面清掃を行っています。「定期的な歯石除去と歯面清掃」の臨床的な効果および費用対効果、そのために通う間隔については議論があります。

「通常の歯石除去と歯面清掃」は、歯冠と歯根の表面のスケーリングまたはポリッシング、またはその両方を行うものとして定義され、局所的な刺激因子(歯垢、歯石、デブリス、ステイン)を除去します。これには、歯周外科手術や化学療法剤を使用したりルートプレーニングを行ったりするような歯周治療は含まれません。

定期的な歯石除去や歯面清掃は一般的な歯科診療所で行われています。この処置は、予防、プロフェッショナルメカニカルプラーク除去、または歯周インストゥルメンテーションとも呼ばれます。このレビューは、2013年に公開されたバージョンを更新しています。

Many dentists or hygienists provide scaling and polishing for patients at regular intervals, even for those at low risk of developing periodontal disease. There is debate over the clinical and cost effectiveness of 'routine scaling and polishing' and the optimal frequency at which it should be provided for healthy adults.
A 'routine scale and polish' treatment is defined as scaling or polishing, or both, of the crown and root surfaces of teeth to remove local irritational factors (plaque, calculus, debris and staining), which does not involve periodontal surgery or any form of adjunctive periodontal therapy such as the use of chemotherapeutic agents or root planning .
Routine scale and polish treatments are typically provided in general dental practice settings. The technique may also be referred to as prophylaxis, professional mechanical plaque removal or periodontal instrumentation. This review updates a version published in 2013.

 

目的(OBJECTIVES)

1)歯周病の定期的な歯石除去と歯面清掃の有益な影響と有害な影響を判断する。

2)歯周病の定期的な歯石除去と歯面清掃のさまざまなリコール間隔での有益な影響と有害な影響を特定する。

3)歯科医療専門家(歯科セラピストあるいは歯科衛生士)と比較して歯科医によって治療が提供されている場合に、歯周健康のための日常的な歯石除去と歯面清掃の有益な有害な影響を判断する

1)To determine the beneficial and harmful effects of routine scaling and polishing for periodontal health.
2)To determine the beneficial and harmful effects of routine scaling and polishing at different recall intervals for periodontal health.
3)To determine the beneficial and harmful effects of routine scaling and polishing for periodontal health when the treatment is provided by dentists compared with dental care professionals (dental therapists or dental hygienists).

 

検索方法(SEARCH METHODS)

Cochrane Oral Healthの情報スペシャリストは、次のデータベースを検索しました:Cochrane Oral Healthの治験登録(2018年1月10日まで)、Cochrane Central Register of Controlled Trials(CENTRAL)(The Cochrane Library、2017、Issue 12)、MEDLINE Ovid(1946 to 10 January) 2018)、およびEmbase Ovid(1980〜2018年1月10日)。米国国立衛生研究所のレジストリ(ClinicalTrials.gov)と世界保健機関の国際臨床試験レジストリプラットフォームで進行中の試験を検索しました。電子データベースを検索する際、言語や発行日に制限はしませんでした。

Cochrane Oral Health's Information Specialist searched the following databases: Cochrane Oral Health's Trials Register (to 10 January 2018), the Cochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL) (the Cochrane Library, 2017, Issue 12), MEDLINE Ovid (1946 to 10 January 2018), and Embase Ovid (1980 to 10 January 2018). The US National Institutes of Health Trials Registry (ClinicalTrials.gov) and the World Health Organization International Clinical Trials Registry Platform were searched for ongoing trials. No restrictions were placed on the language or date of publication when searching the electronic databases.

 

選択基準(SELECTION CRITERIA)

重度歯周炎患者ではない健康な歯の成人を対象とした、口腔衛生指導の有無にかかわらず、定期的な歯石除去と歯面清掃のランダム化比較試験を行いました。 スプリットマウス試験は除外しました。

Randomised controlled trials of routine scale and polish treatments, with or without oral hygiene instruction, in healthy dentate adults without severe periodontitis. We excluded split-mouth trials.

 

データ収集と分析(DATA COLLECTION AND ANALYSIS)

2人のレビューアが検索の結果を包含基準に照らしてスクリーニングし、データを抽出して、バイアスのリスクを個別に、また重複して評価しました。連続データの平均差(MD)(または異なるスケールが報告された場合は標準化平均差(SMD))と95%信頼区間(CI)を計算しました。二分データのリスク比(RR)と95%CIを計算しました。メタ分析には固定効果モデルを使用しました。不足している情報を入手する必要がある場合は、研究著者に連絡しました。 GRADEアプローチを使用して証拠の確実性を評価しました。

Two review authors screened the results of the searches against inclusion criteria, extracted data and assessed risk of bias independently and in duplicate. We calculated mean differences (MDs) (or standardised mean differences (SMDs) when different scales were reported) and 95% confidence intervals (CIs) for continuous data. We calculated risk ratios (RR) and 95% CIs for dichotomous data. We used a fixed-effect model for meta-analyses. We contacted study authors when necessary to obtain missing information. We rated the certainty of the evidence using the GRADE approach.

 

主な結果(MAIN RESULTS)

分析には1711人の参加者を含む2つの研究を含めた。どちらの研究も英国の一般的な歯科診療で行われ、歯科医院に定期的に訪れる重度の歯周炎ではない成人が参加しました。 1つの研究では24か月、他の研究では36か月で結果を測定しました。どちらの研究も、有害作用、アタッチメントレベルの変化、歯の喪失または口臭は測定していませんでした。

比較1:定期的に歯石除去と歯面清掃を行ったものと、行わなかったものを比較。2つの研究が、計画された定期的(6か月と12か月ごと)に歯石除去と歯面清掃を行ったものと行わなかったものを比較しました。歯肉炎、プロービング深さ、口腔の健康に関連する生活の質(すべての高い確実性の証拠)およびプラーク(低い確実性の証拠)について、2年から3年の期間にわたって調べた結果、グループ間でほとんどまたはまったく違いがありませんでした。

歯肉炎のSMDは、6か月ごとのスケーリングと歯面清掃行ったものと行わなかったものを比較すると-0.01(95%CI -0.13から0.11、2つの試験、1087人の参加者)であり、12か月ごとに歯石除去を行ったものと行わなかったものの比較では- 0.04(95%CI -0.16から0.08; 2つの試験、参加者1091人)でした。定期的に歯石除去と歯面清掃を行ったものはそうでないものと比較して、2〜3年で微積分レベルの小さな減少をもたらしました(確実性の高い証拠)。

“6か月ごとの歯石除去と歯面清掃を行ったもの”対“行わなかったもの”のSMDは-0.32(95%CI -0.44〜-0.20、2つの試験、1088参加者)で、“12か月ごとの歯石除去と歯面清掃を行ったもの”対“行わなかったもの”の場合は-0.19(95% CI -0.31〜-0.07; 2つの試験、1088人の参加者)でした。これらのわずかな減少の臨床的意義は不明です。6か月および12か月の定期的な歯石除去と歯面清掃を受けた参加者の自己申告レベルは、定期的に受けなかった場合と比較して高かったが、エビデンスの確実性は低くなります。

比較2:異なるリコール間隔での定期的な歯石除去と歯面清掃。定期的なリコールが6か月ごとの歯石除去と歯面清掃と12か月ごとの処置を比較しました。

歯肉炎、プロービング深さ、口腔の健康に関連する生活の質(すべての高い確実性の証拠)およびプラーク(低い確実性の証拠)の結果については、2〜3年を越えると、グループ間でほとんどまたはまったく違いがありませんでした。

この小さな減少の臨床的意義は不明です。歯石除去と歯面清掃の6か月および12か月の患者の自己申告による口腔清潔度に対する比較では効果は不明でした(非常に低い確実性の証拠)。

比較3:歯科医によって行われる歯石除去と歯面清掃と、歯科医療専門家(歯科セラピストまたは衛生士)によるものと比較しました。この比較を評価した研究はありません。 コストに関するレビュー結果は不確かでした(非常に確実性の低い証拠)。

We included two studies with 1711 participants in the analyses. Both studies were conducted in UK general dental practices and involved adults without severe periodontitis who were regular attenders at dental appointments. One study measured outcomes at 24 months and the other at 36 months. Neither study measured adverse effects, changes in attachment level, tooth loss or halitosis.
Comparison 1: routine scaling and polishing versus no scheduled scaling and polishing. Two studies compared planned, regular interval (six- and 12-monthly) scale and polish treatments versus no scheduled treatment. We found little or no difference between groups over a two- to three-year period for gingivitis, probing depths, oral health-related quality of life (all high-certainty evidence) and plaque (low-certainty evidence).
The SMD for gingivitis when comparing six-monthly scale and polish treatment versus no scheduled treatment was -0.01 (95% CI -0.13 to 0.11; two trials, 1087 participants), and for 12-monthly scale and polish versus no scheduled treatment was -0.04 (95% CI -0.16 to 0.08; two trials, 1091 participants).Regular planned scale and polish treatments produced a small reduction in calculus levels over two to three years when compared with no scheduled scale and polish treatments (high-certainty evidence).
The SMD for six-monthly scale and polish versus no scheduled treatment was -0.32 (95% CI -0.44 to -0.20; two trials, 1088 participants) and for 12-monthly scale and polish versus no scheduled treatment was -0.19 (95% CI -0.31 to -0.07; two trials, 1088 participants). The clinical importance of these small reductions is unclear.Participants' self-reported levels of oral cleanliness were higher when receiving six- and 12-monthly scale and polish treatments compared to no scheduled treatment, but the certainty of the evidence is low.
Comparison 2: routine scaling and polishing at different recall intervals Two studies compared routine six-monthly scale and polish treatments versus 12-monthly treatments.
We found little or no difference between groups over two to three years for the outcomes of gingivitis, probing depths, oral health-related quality of life (all high-certainty evidence) and plaque (low-certainty evidence).
The clinical importance of this small reduction is unclear. The comparative effects of six- and 12-monthly scale and polish treatments on patients' self-reported levels of oral cleanliness were uncertain (very low-certainty evidence).
Comparison 3: routine scaling and polishing provided by dentists compared with dental care professionals (dental therapists or hygienists). No studies evaluated this comparison. The review findings in relation to costs were uncertain (very low-certainty evidence).

著者の結論(AUTHORS' CONCLUSIONS)

重度歯周炎患者ではなく、定期的に歯科医院に通う成人の場合、定期的な歯石除去と歯面清掃は、定期的に歯石除去や歯面清掃をしなかった場合と比較して、歯肉炎、プロービング深さおよび口腔健康関連の生活の質において、2〜3年のフォローアップでほとんどあるいはまったく違いがありませんでした(確実性の高い証拠)。

また、2年間でプラークレベルにほとんどまたはまったく違いがない場合もあります(確実性の低い証拠)。定期的な歯石除去と歯面清掃は、定期的に行わない場合と比較して、歯石の付着は少なくなります。6か月ごとの歯石除去は12か月ごとの歯石除去に比べ、2〜3年のフォローアップで歯石は少なくなります(確実性の高い証拠)が、これらの減少が臨床的にどの程度意味があるのかは不明です。

治療の費用に関する利用可能な証拠は不確かです。 研究は有害作用を評価しませんでした。

For adults without severe periodontitis who regularly access routine dental care, routine scale and polish treatment makes little or no difference to gingivitis, probing depths and oral health-related quality of life over two to three years follow-up when compared with no scheduled scale and polish treatments (high-certainty evidence).
There may also be little or no difference in plaque levels over two years (low-certainty evidence). Routine scaling and polishing reduces calculus levels compared with no routine scaling and polishing, with six-monthly treatments reducing calculus more than 12-monthly treatments over two to three years follow-up (high-certainty evidence), although the clinical importance of these small reductions is uncertain.
Available evidence on the costs of the treatments is uncertain. The studies did not assess adverse effects.


歯周病の新常識
小西昭彦
阿部出版
歯科治療の新常識
小西昭彦
阿部出版

小西歯科医院のホームページ

 

-歯周病

© 2020 こに試論 Powered by AFFINGER5